デザートが期間限定並みの「納得」価格です

自分なりに工夫してダマの極力できない!まあまあ美味しい亀ゼリーの作り方を見つけました。水の量は200ccがちょうどいいみたいです。前々から気になっていた亀ゼリー。

こちらです!

2017年03月13日 ランキング上位商品↑

デザート手作り亀ゼリーの粉 10g×10袋【きれいこう】【点心】【飲茶】【デザート】

詳しくはこちら b y 楽 天

・夏バテ防止については効果はわからないまま(食べ始めの大きな目的なのでなんとか効果が欲しい)。コラーゲンお肌がプルプルになるとは思いますが!どちらかというと清熱解毒やむくみ解消の食材が入っていて!デトックスできれいになれそうです。本当に効果があるんだろうか?一説によると雙銭ですらドブリョクがあまり含まれておらず、効果に薄いと聞きますが。2)完全に粉が水に混ざるまでよくかき混ぜる。。缶タイプの砂糖と添加物が気になり食べるのをやめていましたが手作り出来るパウダータイプを見つけてすぐに購入しました。という結果になっております。即効性を求めるならすっぽんかな、と思いました。心なしか食べた翌日はお肌の調子がいいような。==>理由は砂糖やガムシロップより苦味が消え、栄養価が上がるからです。こんな感じに作るとダマができません。4)小火に鍋をかけるが!火から30センチ程上に上げ!火力が上がらないように気をつける。粉を溶かして火にかけ!冷やすだけであっという間にできてしまいます。身体を冷やしちゃうので週二回を目安に食べようと思います。==>というのも250のほうが苦味がやや減り食べやすくなるからです。苦いですが、牛乳と黒砂糖で美味しく頂いています。肌にはとてもいいですが!冬は冷えが気になるので!暖かくなったら毎日食べたいと思います。ただ、この亀ゼリーの粉で作った亀ゼリーは雙銭より非常に(異様に)苦いため、効果があると信じています(笑)少なくとも2パック食べた時点では調子は良いです。1)お鍋に水(お湯でなく水!)を200ML入れ!そこに亀ゼリーの粉を入れる。とろみが出てきたら!火を止めて大丈夫です。あと!作り方・一袋について200MLの水と書きましたが!250MLの方が望ましいです。吹き出物がなくなったってことはドブクリョウはやっぱ入っているのだろうな。食べ方・出来上がった亀ゼリーにははちみつがいいのかなというところです。作る時はお鍋に粉を入れて少しずつ水を足して溶かしてから火にかけました。6)全体的にとろとろ(難しい表現だ)になったら器に入れ!冷蔵庫などで冷やす。砂糖不使用の商品のため購入しました。でも鍋で作るのは後片付けがちょっと面倒なので!最近はお手軽にレンジで作ってます。250gのゼリーで食べきりサイズ、10回分作ることができるのでコスパもいいと思います。だまにはならずに出来上がります。届いてから今でひと箱消費しましたが効果はまだ?です。パッケージに入書いてあった通り、250ccくらい。多めに購入したので暫く続けてみます。アイハーブで購入したBell Plantationのピーナッツパウダーと蜂蜜をかけてみましたが最高に美味しいかったです。自分で作る手間もあまり気になりません。2度目の購入です。(この時点では加熱しないのでダマは出来ない。自分でつくると安くできて、甘さも調整できるしいいです。なかなか美味しかったですね。出来立てを食べてみたいと思ったので、コチラを購入してみました。(*^_^*)古樹軒からもらった作り方だとダマができ、ダマになった所が異様に苦くなります。調理法の話ではありませんが、ブランド名が缶詰亀ゼリーで有名な「雙銭」でなく、「三銭」というのが気になってしまいます(笑)。・吹き出物が非常に減った。※追記朝と晩に亀ゼリー(それぞれ125ml分)を食べて2週間経ちますが!・肌ツヤが非常に良くなった。)3)亀ゼリー粉と水の混合物に砂糖を適量(スティックシュガー2本くらい?)を混ぜ、砂糖が溶けるまでかき混ぜる。5)火がかかってくると、凝固し始めるのでしゃもじなどでつぶしながら全体的になめらかな状態を維持してかき混ぜる。缶入りのものは甘すぎて嫌だったので!自分で作ろうと購入してみました。・スティックシュガーは不要==>苦味は消えないからです。苦いですが!てんさい糖やはちみつなどをかけて食べています。